東京の社交ダンスホール エスパスーESPACE

東京都杉並区にある社交ダンスホール-エスパス(ESPACE)のホームページです。【 TEL:080-5374-2028 】

未分類

ぼくの今年の3大ニュース、見元克至編

投稿日:

今年も3大ニュースに参加させていただくことになりました。見元です。筆不精ながらしたためさせて頂きます。

3位!

『ダンスシューズ問題』

ダンサーの命、足を生かしも殺しもする靴。
学生時代、学校OBの営業により、大手ダンスメーカーのシューズからスタートしました。履いた時の感想は、、、
あれ?動きづらい?(・ω・`)
今思えば相性だったのでしょう。兼用シューズ買わされたものの、やはり動きにくい。ダンスシューズってこんなもんなんだー。残念!と思い続けて約1年。
次なるシューズと出会います。
先輩に連れられて上野にて「ダンスシューズケント」に到着。
1年経ったのだから、そろそろエナメルが解禁らしい。一緒に行った同期共々テンションが上がってました。
ケント社長「‘君は’コレね」
君は?に少し疑問を持ちつつ履いてみる、、と、
なななな∑(゚Д゚)ナンジャコリャー
某会社さんに比べ、めちゃくちゃフィット!
靴底の安定感やホールド感が全く違います。
数あるケントのシューズの中から、まさにコレ。というのを社長さんが出してくれました。
ちゃんと修行した靴職人だという社長。(今は会長?)次々と同期達に合った靴を提案していきます。プロは凄いなー。
そして残念なことに月日は流れ、まさにコレなシューズは生産終了と相成りました。あれ?どうしよう、、、次に履く靴がない!

2位!

『ダンスウェア問題』

去年と比べ、1番変わったことといえばコレです。
1年前までは普通のワイシャツを着ていたんですね、、、
とにかく着るものを選ぶ上で問題になるのがサイズ。靴はともかく、シャツは自分のサイズに合ったものに出会う機会がほぼありません。
それでもパーティーになると周りがダンスシャツを着ているのに自分は着てない。っていうことにだいぶ抵抗感が。
とりあえず買った憧れのチャコットのシャツ、、、普通のシャツに比べてなんてお高いんでしょう。しかもSサイズでブカブカという悲しさ。
タカダンスも更にブカブカ。
タカ店員『先生のサイズだとXSですね。特注で値段が倍になります。』
もういいもん(T . T)別で探すから!
なんやかんや渡英。
うーん。ビッグな外国人サイズばかりだろうけど、とりあえず探してみるか、、、
あ、あれ?あのタキシードよくない?
震える声「ディス ウェア?オーダー? ハウマッチ?」
店員「ペラペーラ ペラペラペーラ ペラペラユーロ」
えー、と、(T . T)電卓電卓、、、
レートがこれで、はいはい。うーんとフルオーダーだと、5、ジュウマンイェーン、、、?
ふふ、ここは先輩達から受け継いだ交渉術だ!
見元「ディスカウント!プリーズ!セールプリーズ!他のも買うから!」
ムチムチ店員(見元翻訳」「ハハハ!お兄さんこの俺に交渉かい?そんなに気に入ったのか!仕方ないな!ちょっと待ってろ!」
店の裏から出て来たのはまた別のタキシード。あれ?こんなの店の中になかったような?流れるような動きで着せにかかる店員。
なんということでしょう。ピッタリ。ジャストフィット!
店員「ほら、お前にピッタリだろう?ていうかお前サイズの既製品は今これしかないぜ。」
日本には無いピッタリな商品が何故かイギリスに。タキシードからダンスシャツまで。勿論即決でした。
今まで海外メーカーの物とは無縁でしたが、よくよく調べると既製品なら日本で同じものを買うより半分から3分の1の値段で買えちゃう!しかも何故かサイズがある!
来年の渡英は買い物三昧だ(`・ω・´)!

1位!

『ラテン復活問題』

パートナー「こんどラテン、出ようと思うんだけど。」
見元「へー、そうなんですか(・∀・)良いですね?」
パートナー「じゃあ、北海道ね。」
見元「えーーー!!?(((;゚Д゚)))!!?」
ラテンはもう出なくて良いよね。と、パートナーから口頭で引退を宣言されてから約5年。そして何故、北海道からなのか。
パートナー「イギリスでドレスも買ったし。」
見元「お客さんとのデモ用に買ったやつですか?」
パートナー「来年は10ダンス出ようと思って」
見元「は、はーい( ̄▽ ̄;)」
と言うわけで何故か突然のラテン復帰です。
ちょうど前の週、ラテンの衣装をもう絶対に着ないわ。と、燃えるゴミの日にさよならしたばかりだったのです。5年吊るしてたんですよ。5年。
そして偶然その日に営業に来るタカダンス。運命を感じるままにタカダンスの既製品から良さそうなのを選びます。
お、コレなんかいいんじゃないかな?
タカ「見元先生のサイズですと、、、お直しじゃなくてフルオーダーになっちゃうんですけど。」
知ってましたともよ。
こんなことならイギリスでラテン衣装も見てくれば良かった、、、
そんなこんなで既製品のデザインのままフルオーダー。周りのスタッフからツッコミを受けまくります。さあ、いざ北海道に!
えーと、、、なんで?なんでみんな同じ衣装なの?
みんな黒ベルベットのジャケット。
パートナーはみんな黒か水色かピンク。
フォーメーションでも始めるのかという謎の一致。
こりゃーラテン衣装も海外で買って来た方がいいか。

今年を思い起こせばダンスダンス、ダンスの日々でした。競技団体に登録してラテンもやると休む暇がないですね(^^;)
来年もガンバロー!!!

~スポンサーリンク~

~スポンサーリンク~