東京の社交ダンスホール エスパスーESPACE

東京都杉並区にある社交ダンスホール-エスパス(ESPACE)のホームページです。【 TEL:080-2031-8175 】

未分類

ギジャレリとのダンストーク

投稿日:

こんにちは!徳山です!

今日は、西川口エースで、ノーチャーターデー用のスタッフが4人、店内チャーターとして待機しています。

急遽、踊りたくなってエースに来ても、好きなスタッフを選んでチャーターに加わることができますよ!

初めての試みなので、キッチンの徳山がアタフタするかもしれませんが、1人でも多くのお客様にご来店していただければ、スタッフ一同幸せです。

さて、先日のブログに書いた、世界チャンプギジャレリとの会話、ダンスのことも少し話しました。

いや、英語話せないのにありえないですね、見栄張りました、英語話せる友人が質問しているのを、横でニコニコ聞いてました。笑

ギジャレリって、10ダンサーで、元々はラテンの方が頑張ってた時期もあるらしいです。

ぼくが大学時代にスタンダードの世界チャンプだった、マーカスも、元はラテンマンだったとか。

スタンダードの世界一になるのに、ラテンは大切ってことなのか?

「じゃあさ、ラテンとスタンダード、どっちの方が難しい?」

て聞いてみました。

ぼくじゃなくて、友人がね。笑

さぁ、スタンダードで世界を制した10ダンサーは、どっちが難しいと答えるのか?

「スタンダードだね。コネクションの少ないラテンよりも、触れる部分が多い中で動きを合わさなければならないスタンダードの方が、よりプロフェッショナルだよ。」

だそうです。

また、

「世界チャンピオンから見て、日本のダンサーはどうですか?」

と聞いたところ、

「素晴らしい踊りをしているね。でも、唯一の弱点は、ダンスを始めるのが遅すぎるとこ、もっと若い時からボディーを作り始めていれば、世界で通用するよ。」

だそうです。

てことは、、、必要なのは、タイムマシーンですね。笑

でもなんか、こんなどうでもいいようなことを英語で聞いただけで、なんか上手くなった気がしてくるんです。

これが、世界一の後光ですかね。

世界一の後光の射した徳山と、今日、エースに来てトライアルをしてみてはいかが?

~スポンサーリンク~

~スポンサーリンク~